母子家庭で育った僕が選ぶ母の日ギフトトップ3

雑記
味噌
味噌

母の日にあげるギフトはたくさんありすぎてよくわからないよ…….

こんな悩みにお答えします!

どうも、味噌です。

僕は小学生の頃に二人目の父親が失踪し、母子家庭で育ってきました。

その結果、母に対する感謝の気持ちや愛情は人一倍だと自負しております(マザコンではありませんよ!注意!)

なので毎年母の日と誕生日にはプレゼントをしています。良い息子です。

母の日にあげるギフトってたくさんありすぎて迷いますよね。

でも大切なのは、母親に何かをプレゼントしようと思う気持ちです

そこで本日は、母子家庭で育った母親思いの僕が(マザコンではない)

今まで母の日にプレゼントして喜ばれた商品

について紹介していきます。

この記事を読むことによってお母さんが喜ぶプレゼントを把握できます!

この記事を読まないとお母さんが喜んでくれないかもしれません…

結論から言うと何でもいいからあげること気持ちが大事ですが、あげるなら実用性があるもの一択です

それでは、まいりましょう

スポンサーリンク
広告表示を停止

母子家庭で育った僕が選ぶ母の日ギフト第三位:カーネーション

いきなり、母の日ギフトの大本命であるカーネーションです。

母の日といえばカーネーションこれは間違いないと思います

確かにカーネーションをもらったら嬉しいとは思います!

……ただ正直そんなに欲しいですか??(笑)

…….あなたは、カーネーションをそんなに欲しいですか….?????

……..毎年カーネーションもらってもぶっちゃけいらなくないですか….???

僕は最後にカーネーションをあげたのは、小学3年生ぐらいだったと思います

それまでは毎年兄弟でお金を出し合って、カーネーションをプレゼントしていました

もちろん喜んではくれましたが、ある日を境にやめました。

やめた理由としては、行き場をなくしたカーネーションたちが押入れに眠っていたからです(涙)

確かに貰ったら嬉しいですけど、結局毎年もらっても置き場所にも困るし、なんか捨て辛いし逆効果だったんですよね

それから僕は母の日にカーネーションを贈るのをやめました

母子家庭で育った僕が選ぶ母の日ギフト第二位:マッサージ屋りらくるさんのチケット

子供の頃よくマッサージ券を親にプレゼントしていましたがそれの大人バージョンです

実際に僕がマッサージをするわけではなく、最近よくある「1時間 / 3000円」マッサージ屋の回数券をプレゼントします。

僕の場合、近所にりらくるがあるのでりらくるのギフトカードをプレゼントしています

これは控えめに言って、めちゃめちゃ喜びます。それはもう、少女のような輝く笑顔を見せてくれます

自分がもらっても圧倒的に嬉しいですよね

マッサージって、僕達みたいな母子家庭の貧乏性にとってなかなか行きづらいんですよね~

マッサージ屋に行くぐらいだったら、生活費にあてた方がいい!米のほうが大切や!ってなるんです。

そんな思考に落ちがちなんですよ。貧乏人は。

とはいっても、体が資本なので、僕は毎回1万円分のマッサージ券をプレゼントするようにしています。

これマジでオススメです

最近はこの手のマッサージ店が全国各所にたくさんあるのでどこに行っても、引っ越しても使えるのがメリットです

母子家庭で育った僕が選ぶ母の日ギフト第一位:QUO カード

一位はQUOカードです、要は現金です

正直現金を渡したほうが早いんですけど(笑)なんだか生々しいのでクオカードに換金してプレゼントします

我が家が母子家庭という特殊なバックグラウンドがあるからこその第一ではありますが、ぶっちゃけ花とか謎のマッサージ機とかあげるよりも、こういった限りなくお金に近い実用性のあるものが一番喜ばれます

お金をもらって嫌な思いする人いませんしね、あなたがもらっても嬉しいですよね?

まさにQUOカードこそ最強のプレゼントです

ここ最近のプレゼントはほぼこれで、金額はQUOカード1万円分をプレゼントしています

ただ、コロナの影響でネットショッピングが増えたらしいので、アマゾンギフトカードもいいかなと思ってきました、困る

まとめ:実用性が一番

いかがでしたでしょうか

最初にも申し上げたように一番大切なのは自分の母の事を思って、なにかしてあげようと思う気持ちだと思います。

気持ちが一番嬉しいですし大切だと思います

家が裕福でお金に困ってないのならばマッサージ屋さんの回数券

僕みたいに、母子家庭で生活に余裕が無さそうな母親に関してはクオカードをお勧めします

参考になると幸せ!

それでは!

※他にも色々と人生かけてやってます、御覧ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました