【ガチレビュー】Bose QuietComfort Earbudsを使った感想

bose

本記事では【Bose】 QuietComfort Earbuds をガチレビューします。

この記事を書いた人

筆者紹介

昔から「イヤホンとか、聞こえればいいでしょ。金の無駄」と強がり、980円で買ったイヤホンをずっと使っていた僕。

しかし、コードが「え?生きてるの?君は生きてるの?」ってくらい勝手に絡まるため、買い替えを決意。


そこで選んだのが「Bose QuietComfort Earbuds」です。
理由は「Air podsだと被るからイヤだ」というIQ29くらいの理由。

でもこの選択、間違ってなかったんですよね。
詳しく解説していくので、ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク
目次

【Bose】QuietComfort Earbudsをガチレビュー

イヤホン
https://www.bose.co.jp

それでは開封します。

箱からしてカッコいいですね。
さすがBOSE、王者の貫禄を感じます。

bose イヤホン

イヤホンケースとご対面です。
なぜか僕の脳裏には「漆黒に染まりし、狂宴の宴」という中二病全開の言葉がよぎりました。

ケースを開けてみましょう。
吸い込まれそうなくらい黒い。「元サッカー日本代表 中澤佑二選手」よりも黒いのでは?と一瞬錯覚してしまいました。

本体です。あぁ、カッコいい。これをつけて明治通りを歩けば「シティーボーイ」になれるのは間違いないでしょう。

装着してみました。僕の耳は「Bose QuietComfort Earbuds」を装着するためについている、とっても過言ではないくらいフィットしています。

テンションが上がり激しいダンスをするも、全く外れません。圧倒的にフィットしているようです。もはや僕たちは「ソウルメイト」なんだと思います。

音質が「良い」ではなく「深い」

https://www.bose.co.jp

QuietComfort Earbudsで音楽を聞いた感想です。

結論:衝撃

うーん、、なんと形容すればいいのでしょうか。音が「深い」んですよ。とにかく深いんです。音の深海を泳いでいるような、そんな気分です。本当に深いです。窒息しそう。

ベース音が「ズンッ」とみぞおち辺りに響いてきます。さすがのBOSEですね。その低音の響きはヒップホップやEDMを聞くと特に顕著。まるでクラブいるような気分にさせてくれます。

さらに安物のイヤホンでは決して気づくことのなかった、細かい部分が聞き取れました。一気に音の解像度が高くなり、視界が「パアッ」っと広がった感じ。

味噌

「イヤホンなんてどれも同じだろw」そう思っていた時期がありました。

今なら言えます。イヤホンはどれも同じではないです。深く謝罪いたします。

【Bose】QuietComfort Earbudsの特徴

https://www.bose.co.jp

QuietComfort Earbudsの特徴を簡単にまとめました。

ノイズキャンセリング(Quietモード)

QuietComfort Earbudsといえばノイズキャンセリング機能でしょう。

恥ずかしながら、人生初のノイズキャンセリング。感想を一言で失礼します。

無音 〜 Silence 〜

どうやって、、文章で表現すればいいのでしょうか。とにかく、体験してほしい。体験しないと分からないです。

喧騒が騒がしい、大都会東京にいるはずなのに、耳は「しんしん」と雪が降り積もる山奥って感じ。本当に静寂なんですよ。やばい。

おかげで過去2回、宅配業者様のインターホンに気づかず、スルーしてしまいました。大変申し訳ありません。

本当にすごいです。BOSEのノイズキャンセリング、エグいです。

Bose Music Appで詳細設定できる

https://www.bose.co.jp

QuietComfort Earbudsには「Bose Music App」という専用アプリがあります。

アプリを使えば以下の設定が可能!

・音量調節
・イヤホンの状態確認
・ノイズキャンセリング強度調節
・接続機器を管理
・ショートカットの機能変更
・タッチコントロールを有効化

などなど。

アプリで操作とかめんどくさいな。

なんて人でも安心。イヤホン本体にはタッチコントロール機能が搭載されてます。アプリを使わなくても操作できますよ!

タッチコントロール機能

https://www.bose.co.jp

イヤホン本体にタッチコントロール機能が搭載。直感的に操作できますよ!

・音量調節
・音楽再生/停止
・ノイズキャンセリング強度調節
・充電状態の確認
・曲送り
・音声コントロール機能
・着信応答
・着信を拒否

などができます。

ただし僕の場合、アプリは使用していません。タッチコントロールで十分だからです。

・曲を戻せない
・音量の調節が細かくできない

というのが改善してほしいポイントですね。ただし機能は定期的にアップデートされているので、今後改善する可能性が大きいですよ!

【Bose】QuietComfort Earbuds 3つのメリット

https://www.bose.co.jp

ここからはQuietComfort Earbudsを使って感じた、3つのメリットをご紹介します。

・ノイズキャンセリングで作業に集中できる
・充電は6時間と超長持ち
・デザインに無駄がなくおしゃれ

1:ノイズキャンセリングで作業に集中できる

QuietComfort Earbudsはノイズキャンセリングのみで利用も可能。

・騒がしいカフェ
・電車内

街中

上記のような環境で絶大な効果を発揮します。ノイズキャンセリングで雑音をシャットダウンして、集中力は爆上げ!生産性を高く維持したまま作業できますよ。

2:充電の手間が少なくて楽

QuietComfort Earbudsは1回の充電で約6時間再生可能!

充電の回数が少ないのって最高ですよね。だって無駄な手間がなくなる分、自分の時間が増えるんですから。

しかもケースに収納すれば2回分充電可能!

味噌

つまり1度ケースごと充電すれば、最大18時間再生可能ってわけ!

僕の場合、毎日通勤で音楽を聞いています。本体を充電するのは週末の1回だけ!圧倒的に長持ちですよ。

3:デザインに無駄がなくおしゃれ

https://www.bose.co.jp

最近はイヤホンをつけるのが当たり前。もはやアクセサリーですよね。

しかも、イヤホンって案外人に見られているもんです。

・イヤホンは見た目がオシャレじゃなきゃ嫌!
・ダサいのは無理!

なんて方もいるでしょう。

そんなお悩みを解決してくれるのがQuietComfort Earbudsなんですよ。

・シンプルだけど安っぽくない
・無駄がないデザイン
・程よい高級感
・持っている人が少ないので被らない

などなど、「かゆいところに手が届くおしゃれさ」がポイントなんですよね。

イヤホンを付けている自分を見ると、自然と気分が上がります。こういう小さな幸せが人生を豊かにしてくれるんですよ!

【Bose】QuietComfort Earbuds 2つのデメリット

https://www.bose.co.jp

お次にQuietComfort Earbudsを使って感じた、2つのデメリットを紹介します。

1:お値段が少々高め

値段は¥33,000(税込)。

正直高いですよね。
980円のイヤホン使っていた僕からすると白目向いて発狂するレベル。

それでも!長い目で見ると安いかな、、と思うわけですよ。深呼吸して考えてみましょう。

長期使用を前提に計算してみる

目先の金額だけでなく、長期使用するつもりで考えてみましょう。ここでは3年間利用すると仮定します。

33,000円÷3年(1095日)= 約30円/日

3年間使えば、1日たったの「30円」で利用可能です。3年以上使えば更に安くなりますね。

・うまい棒3本
・ベビースターラーメン
・ブラックサンダー

上記のどれかを我慢するだけで、QuietComfort Earbudsが手に入ります。イヤホンを変えるだけで日常が圧倒的に楽しくなりますよ。ぜひこちらの世界へいらっしゃい!

2:ノイズキャンセリングしすぎると危険

https://www.bose.co.jp

ノイズキャンセリングは、まるで深海にいるような静けさです。

しかし裏を返せば何も聞こえない状態。「車の音が聞こえない」など、シチュエーションによって危険な時もあるでしょう。

でも安心してください。そんなときは左イヤホンを2タップすればOK!ノイズキャンセリング量を変更できますよ(Awareモード)。

僕の場合、交通量が多い場所はノイズキャンセリングをオフにしています。

シチュエーションによってうまく使い分けてくださいね。

【Bose】QuietComfort Earbudsの口コミ

https://www.bose.co.jp

実際にQuietComfort Earbudsを使用している方の口コミをまとめました。

ポジティブな口コミ

ノイズキャンセリングはSONYとBoseでは桁違い!比べ物にならない!Boseです!商品とおもちゃの違いです。さすがはBoseだと思いました。

https://www.amazon.co.jp/

さすがBOSE低音が心地よい、全く聞き疲れしない。ずっと聞いていたくなるような低音。全体的にクリアで透き通ったような音

https://www.amazon.co.jp/

上記のとおり。やはりBOSE、音質やノイズキャンセリング機能を高く評価してる方が多いですね。

ネガティブな口コミ

BOSEから新しいイヤホンが発売されるたびに購入して愛用してきましたが、今回のこれは私の耳に全く合いません。なんせ不安定→落ちそうになる→密着せず外音入りまくり→そして落ちる。

https://www.amazon.co.jp/

ケースが無駄に開けづらいです。なぜこんなに固くしたのか。頻繁に使う製品なのになぜこんなストレスフルな設計にしたのだろう?

https://www.amazon.co.jp/

こんな意見もありました。

確かに言われてみると、ケースが開けづらいと感じるかもです。でも言われて気づくレベルなので、そこまで気にする必要もないかと。

まとめ:【Bose】QuietComfort Earbudsを買ってよかった

https://www.bose.co.jp

980円のイヤホンをずっと使っていた僕にとって、33,000円のイヤホン購入は勇気がいりました。

でも「あのときの自分、本当にグッジョブ」と伝えたいですね。それはイヤホン1つで生活が一変したから。心からそう思えるイヤホンに出会えて幸せ。

イヤホンなんてどれも同じだろw聞ければいいじゃんw

その気持ちも分かります。僕もそうだったから。

でも、でも一度!一度でいい!
一度だけ騙されてください!お願いします!

たかがイヤホン、されどイヤホンです。
イヤホンひとつで人生が変わった男が保証します。一度試してみてください!

3年間ベビースターラーメンを我慢すれば買えるんです。ベビースターラーメンを我慢して、是非試してください!

※他にもコスパがいいグッズについて書いてます

あわせて読みたい
【レビュー】丸五(マルゴ)レインシューズ「マンダム#56」を使った感想 本記事では「丸五(マルゴ)レインシューズ マンダム#56」を徹底レビューします!
あわせて読みたい
【レビュー】シルクエキスパート pro5 PL5014の効果は?剛毛男子が使った感想 結論:効果あり、ほんとに買ってよかったです。
あわせて読みたい
【レビュー】口閉じテープはいびきに効果なし?9つのメリット・デメリット 本記事では口閉じテープを使っている僕が「口閉じテープの効果」「口閉じテープのメリット・デメリット」を徹底解説します!
スポンサーリンク
bose

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると猫のように懐きます
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる