Webデザイナーは絶対にやめとけ【Web制作会社で働く僕がオススメしない理由】

仕事・資格
みそ
みそ

甘い気持ちでwebデザイナーには絶対なるな!夢見るな!やめとけ!

どうも、味噌です

僕は未経験からWeb業界に転職して4年ほど経ちます。フロントエンドエンジニアとして、webサービスやwebサイトのフロントエンドの開発をしてます。

最近はコロナのせいで生活や働き方が、ガラッと変わってしまいましたね。

将来に不安を感じて「手に職つけて働くために、Webデザイナーになりたい!」そんな方もたくさんいるのではないでしょうか?

こちら先日のツイートです

結論から言うと「Webデザイナーの現実を知ってから転職しないと、確実に後悔するので、なんとなく目指すのは絶対にやめておけ」です

webデザイナーを目指してる人は、何となく「キラキラなイメージ」が強いと思います。ただそれだけで目指すと確実に痛い目を見るので気をつけてくださいね!

みそ
みそ

この記事ではweb制作会社で働く僕が「Webデザイナーはやめとけ」と思う理由を紹介します!

webデザイナーの職務内容は会社によって全く異なる

この記事でのwebデザイナーは「webサイト・webアプリのデザインを制作する人」と定義します。

というのも、会社によってはWebデザイナーでも下記の業務が含まれている可能性があるから。

・コーディング(html/css/js)
・ワードプレス構築(php)
・顧客対応
・ディレクション

※ぼくが働いている会社のデザイナーは「完全にデザインのみをする人」です。

会社によってwebデザイナーの定義がまったく異なります!

本当にデザインだけがしたい!という人は求人要項をよく確認してくださいね。

僕が働くweb制作会社のスペック

僕の働いているweb制作会社は下記のとおり。

・社員数200人程度(この業界にしては大きめ)
・事業内容:web制作、EC運営、某有名アーティストのファンクラブを運営。
・ドリンク飲み放題なのが最高、豆乳を7本飲んだら怒られた。

毎月新しい人が入社し、いつの間にか人が消えている….儚い場所です

webデザイナーをおすすめしない理由を解説するゾ

webデザイナーをオススメしない理由は下記。

・お給料低すぎ問題
・残業多すぎ問題

目指している人には申し訳ないですが、現実を知って考えてみてください。せっかく転職して「こんなはずじゃ…」って人、めちゃくちゃ見てきました。

webデザイナーをおすすめしない理由1:お給料低すぎ問題

一番大切なのが、お給料低すぎ問題です

Webデザイナーの平均年収は300万円~350万円です

当然勤務年数によっても上下しますが、決して高くないです。というか、むしろ低いです。

残業代も固定残業代制度の会社が多いです、残業100時間しても手取り20万とかザラです

東京でこの待遇ですよ。しかも、地方の会社なんて手取り16万とかあります。

Webエンジニアになれば給料があがるのですが、Webデザイナーの年収はぶっちゃけこのレンジです。

webデザイナーになればお金を稼げると思っている人、甘いです、チュッパチャップスより甘いです(ペロペロ)

お金を目的にするなら、絶対にやめたほうがいいですよ。

みそ
みそ

ちなみに僕の会社はボーナスなしです(笑)

 

年度末調子がいいと、たまに3万円もらえます…やってられるか!コラ!

webデザイナーをおすすめしない理由2:残業多すぎ問題

webデザイナーというより、完全にweb業界の全体の闇です

会社にもよりますが、制作会社で働く限り定時で帰れることは無いでしょう(僕の会社では絶対に無理)

・人間らしい生活がしたい人
・アフター5をエンジョイしたい人

そんな人はwebデザイナーに向いてないです

みそ
みそ

あなたは仕事に人生を注ぐ覚悟はありますか?

 
定年までそんな生活続けられますか?

よく考えてくださいね。

✓2020年12月の勤務例

年末年始はイベント準備のため、デザイナーさんは週の半分以上は終電間近まで働いてました

みそ
みそ

終電を超える人はタクシーで帰るか、仮眠室に泊まってました。

 

そして朝に風呂に行ってまた出社(鬼)

あなたは耐えれますか?

若いうちはいいかもしれませんが、30代、40代、50代になってもできますか…?

✓ 基本的にweb制作会社は残業が多い

そもそもweb制作会社は残業が多いです、理由はweb制作会社の構造的な問題です。

・1.直受けでなく2次受け3次受けが多い
・2.短納期が多い
・3.クライアントからの戻し&無茶振りがひたすらに多い
・4.慢性的な人手不足

など。

制作会社という特性上、お客さんありきの仕事なので1~3は避けられません。仕事を貰う立場なので、無茶振りされやすく、どうしても断りづらいです。

いぬ
いぬ

仕事あげてるんだから無茶振りしても当然いいよね??!!

ジャイアンみたいなスタンスです

悲しいかな……本来は平等なはずですが、実際はパワーバランスが偏ります。特に大きめの広告代理店は鬼畜です。

実際にwebデザイナーが何度もデザイン修正をしている場面を見てきました。 

ストレスで体調を崩す人もいました。

あなたはこれに耐えれますか?

ねぇ、耐えれるの?ねえねぇ??(煽)

もちろんwebデザイナーにもいいところはあるよ!

散々Webデザイナーの悪口ばかり紹介しましたが、メリットもあります。

・リモートワークができる
・スキルがあれば世界中どこでも働ける

・独立すれば稼げる

制作会社にも(極まれに)ホワイトな会社もあります。長所・短所どちらも理解してwebデザイナーを目指してくれれば幸いです…

メリットその1:リモートワークが出来るよ!

webデザイナーになればリモートワークができるので、通勤をしたくない人は最高ですね!

つまり皆が大嫌いな通勤が無くなります。これだけでもかなりのメリットではないでしょうか?

ぼくの会社は週の約半分を出勤、半分を在宅ワークとしてます。

もちろん会社によってフルリモートも可能な会社もあります。

ただし、仕事ができない人、新人、スキルがない人はリモートワークが許可されない可能性があります。

メリットその2:スキルがあれば世界中どこでも食っていけるよ!

job

スキルとパソコン1台あればできる仕事なので、会社に依存する必要がありません

・会社が気に入らなければやめる
・上司がうざいからやめる
・給料低いからやめる
・ノリで沖縄移住したいからやめる

こんな働き方ができるのもwebデザイナーの特権ですよね。

自由に生きたい人にはおすすめです

スキルファーストの仕事なので、学歴・職歴は一切関係ないですし、転職歴を気にする必要もないです。みんな転職しまくりです。

THE・令和って感じですね、最高です

メリットその3:webデザイナーは独立すれば稼げる

上昇

webデザイナーは独立すれば稼げる仕事です。会社がピンハネした分が自分に入るわけですから、当然ですよね。

実際に独立した同僚は、給料がサラリーマン時代の2倍以上になりました。

仕事を増やしつつ外注化すれば、自分で手を動かさなくとも収入が入る仕組みができます。

しかし、独立にはデメリットもあります。

・ボーナスや給料の保証がない
・誰も守ってくれない
・社会保険は自己負担

などなど、悪いこともあります。

デザインを勉強するなら「ノンデザイナーズ・デザインブック」一択です

みそ
みそ

よしゃ、webデザイナーにワイはなる!!

といってもデザインスキルが無いとお話になりません

かくいう僕も全くデザインスキルがないのですが、ノンデザイナーズ・デザインブックを読んで多少レベルアップできました

↓詳しくはこちらの記事に書いてあるので参考にしてみてください

まとめ:なんとなくでwebデザイナーを目指すのは絶対にやめとけ

繰り返しになりますが「Webデザイナーの現実を知ってから転職しないと、確実に後悔するので、なんとなく目指すのは絶対にやめておけ」ですよ。

コロナ不況、副業ブームでwebデザインに興味を持った人、たくさんいると思います。

ただキラキラして見える仕事ほど、影が濃かったりします(アイドルなんてその典型ですね)。

webデザイナーも別畑からみるとキラキラですが、大変なこともたくさんあります。

今一度、よく考えてください。

・本当にwebデザイナーになっても後悔しないか
・webデザインの勉強に時間(命)を費やしてもいいのか

それでも頑張るって人は、全力で応援します。

※web業界への転職方法や実情を書いてますのでどうぞ

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました