webコーダーはオワコン?将来性は?現役のコーダーがお答えします!

仕事・資格
味噌
味噌

webコーダーってオワコンなの?将来性は無いの?ぴえん…….

こういった疑問にお答えします!

本記事を書いている僕は、未経験からweb業界に転職しwebコーダー(フロントエンドエンジニア)として約三年間働いてます。

web業界に転職を希望していて、きっかけとしてwebコーダーを志望している方は多いのではないでしょうか?

その考え、最高です。

ただ最近「webコーダーはオワコンで将来性無し!」という、それはもう身の毛がよだつ話をよく耳にします。

やっとの思いで転職したのに、いきなり地獄に落とされた気分です(僕が何したっていうんですか?)

本記事では3年以上webコーダーとして働いている僕が、webコーダーの将来性について徹底解説します。

本記事を読めば、webコーダーの将来性やキャリアについて学ぶことができます。
本記事を読まないと、将来性に不安を抱えたまま就活することになります。

先にネタばらしすると、将来的に仕事がゼロになるわけではないが、確実に需要は減っていきます。

今のうちに別のスキルも養ってコーディング×〇〇のスキルを養おう、って話です。

スポンサーリンク
広告表示を停止

webコーダーはオワコンなのか?

ここ数年で「web制作はオワコン」「コーダーは仕事がなくなる」といった耳が痛い言葉を最近よく見かけるようになりました。

正直、とても焦ります…(笑)。それで飯を食っている僕は「勘弁してよママァァァっ」て感じです。露頭に迷いたくないです。

必死こいて勉強して転職できたのに….涙で前が見えないです。

そもそもこのようになった背景には、下記のような理由があります。

・知識がなくても簡単に今どきのかっこいいサイトが作れるサービスが増えた
・コーディング作業のオフショア(海外への外注)が進んでいる
・SNSがあるのでホームページを作る必要がない

なんだか物騒な感じですね…詳しく見ていきましょう!

未経験からweb業界に潜り込みたいならコーダーがおすすめ

web業界に入るきっかけにコーダーを目指すのは、マジでおすすめです

というのもコーダーは、求められるスキルが高くないので未経験でも採用されやすいから

ただし正社員に固執するのはNG!これ重要!

最初はアルバイトでも派遣社員でもいいので、とにかくプライドは捨てて業界に潜り込むことが先決です

僕は職業訓練校を卒業して、アルバイトからweb業界に潜り込むことができました

職業訓練校に通いたくても事情があって無理なかたは、プログラミングスクールをおすすめします(^^)

僕はテックアカデミーに参加してました

・現役エンジニアのメンターがつくので、挫折する可能性がグッと減る
・転職サポート有り
・卒業後も無料で教材が使える(個人的に一番最高)

プログラミング挫折する理由は「相談できる相手が居ない」ことですが、テックアカデミーはその問題がないので、安心して勉強することができます!

今だけ、無料プログラミング体験やってるようなのです。
どうせ無料なので、試してみてはいかがでしょうか?

※ちなみに、卒業しても参加したコースの教材を使えるのが最高、僕みたいなケチ臭坊やには絶対オススメです

webコーダーの将来性が無いと言われる理由①:知識がなくても簡単にイケてるサイトが作れる

STUDIOというサービスをご存知でしょうか?

STUDIO | ノーコードでWebサイトを作成
これからのWebサイト作成に必要なのはSTUDIOだけ。コードやテンプレートに縛られることなく、自由自在にWebサイトをデザインしましょう。

「デザインから公開まで、コーディングなしで完結。」をいうコンセプトのもと、誰でもwebサイトが作れてしまう注目度急上昇なサービスがあります。怖すぎますね。(笑)

実際に僕も使ってみました。その瞬間悟りました。

「あっ自分このままじゃ終わるな」と。(笑)

いままで僕が10日間かけてたような作業をたった数分で完結して、しかも無料なんですよ。やばすぎるでしょう…。(笑)

そりゃあ「コーダーは仕事がなくなる」と言われますよね…納得しました。

とはいえ、企業はまだ制作会社に依頼することが多いので、今すぐに仕事がなくなるわけでは無いですが、このようなサービスは増えていきます。

制度・クオリティも上がっていくので、外注から内製化(自分たちで作って、自分たちで管理すること)する流れは今後強まっていくと思います。

webコーダーの将来性が無いと言われる理由②:コーディング作業のオフショア(海外への外注)が進んでいる

上記の内製化ではなく、外注に出すにしても、最近は国外に依頼を出すことが増えてきてます。

実際に僕が努めている会社でも、過去ベトナムの制作会社に外注した経験があります。

このオフショアのメリットは「とにかく安い」に尽きます。

日本で作業した場合100万以上する作業が、オフショアなら数分の1の価格で依頼できます

ただでさえ高いweb制作ですからね、お客さんからしたら当然1円でも安くしたいです、オフショアは当然の流れですし今後も増えていくでしょう。

ただこちらは、成果物がとても雑なコーディングだったり、期限を守らないこともしばしばあります。海外あるあるですね。

実際に僕の会社が外注した時も

  • 見出しのHタグが使われていない
  • 納期を守らない
  • 連絡を返さない

などそれはもうひどいクオリティでした(笑)。

もちろんすべての会社がこうでは無いでしょうが、このような会社があるのは事実です。

以上の問題により、すべての作業がオフショア化されるわけでは無いと思いますが、今後増えていくでしょう。

オワコンのwebコーダーにならないために、コーディング×〇〇の掛け算でスキルを養おう!

さて、悲観的なことばかりでしたが、ピンチはチャンスです。

確かに「コーディングしかできないwebコーダーは淘汰」されていくのはほぼ確実ですが、逆に言うとコーディングとなにかしらのスキルがある人材になれば、全然食べていけます。

コーダーとしての点数が80点だとしてもその他のスキルが80点あれば「掛け算して640点です控えめに言って無双できます。

webコーディングに近い職種でいうと、

①コーディング×デザイン⇒webデザイナー
②コーディング×プログラミング⇒webエンジニア
③コーディング×マーケティング⇒コーディングもできるマーケター

あたりでしょうか。特におすすめは③のコーディングもできるマーケターです。

というのも、webマーケティングの需要は今後も確実に伸びます。

コロナの影響でネットショッピングをする人も、ネットで物を売りたい人が増えましたよね?

インターネットで商品を販売するために必要不可欠なのがwebマーケティングなので、需要はいくらでもありますし、webコーダーとしてのスキルとかけ合わせれば、まぁ無双できます。

もっと言うとwebマーケティングの知識があれば、そのままスキルを副業にも活かせることができます。

今だとブログ、ユーチューブ、音声配信でしょうか。

ネットを使ったビジネスにマーケティングの知識は必須、最強です。

※ちなみに「デザインを頑張りたい、でもセンス0、人生オワタ」という方はこちらを参考にしてみてくださいね、多分なんとかなる

まとめ:webコーダーの将来性は危うい、他のスキルと掛け算して市場価値を上げよう

プログラミングブームで、まずはweb制作会社でwebコーダーとして修行してみたい!という方、結構多いと思います。

しかし、今後「コーディングしかできない人」の需要は確実に減っていきます。

あくまでもコーダーはキャリアアップ、通過点として働くのがベストです!

web業界を目指してるけど知識が無い方にオススメなのが、職業訓練校かプログラミングスクール(テックアカデミー)です

プログラミングが続かない理由は挫折です

つまったときに相談ができるメンターが居るだけで挫折率は圧倒的にさがるし、卒業しても教材が見れるのは最高(笑)

僕のような貧民は末永くサービスをつかいたいのです、卒業した今でもお世話になってます!あざっす!無料体験をやっているので、体験してみては?

僕も引き続きエンジニア、マーケターを目指し勉強を頑張るので、あなたも一緒に頑張りましょう!

それではっ!

✓他にも転職やwebのことなど書いてますので、ぜひ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました