第一級陸上特殊無線技士に2ヶ月で一発合格した勉強方法【ど文系】

仕事・資格

この記事の結論:今後、通信系の仕事は確実に需要が増えます。第一級陸上特殊無線技士は取得して損はないです!

どうも資格マニアの味噌です(現在の取得資格数は、約20種類です)

僕は現在Webエンジニアとして働いています

しかし、昨今のWeb制作業界を鑑みると、自分の将来が確実に安定だと言い切れません。そこで、今のうちに資格を取ろうと決意しました

その結果、2019年に第一級陸上特殊無線技士に一発合格しました

この記事の内容

・第一級陸上特殊無線技士を取得した理由
・第一級陸上特殊無線技士の将来性
・おすすめの勉強法

この資格は今後需要が増えるので、控えめに言ってコスパが最高な資格です

ド文系な僕は、当然予備知識ゼロですし、最初は全く訳がわかりませんでした。でも、受かりました。人間やればできます、やらないとできません

※他の資格については、こちらからどうぞ

第一級陸上特殊無線技士をおすすめする理由

この資格をオススメする理由は下記です

・今後、需要が見込まれて安定している
・未経験からでも就職可能
・手に職をつけられる仕事

第一級陸上特殊無線技士とは、数ある無線系の無線において最も需要があり、難易度もそこまで難しくないので、コスパ最強な資格です

皆さんご存知のように、最近は5Gが普及していますね(体験したこと無いのですが、今よりネットが快適になったら人間はどうなるのでしょう….股間がヒヤヒヤします

今は限られた都市部でしか使用できませんが、今後は徐々にエリアが広範囲になっていきます

そしてその5Gを普及させるためには(5Gに限らず、電波を飛ばすには)、全国各地に無線基地局というものを立てる必要があります(基地局といっても大きいアンテナみたいなものですが)

そして無線基地局の操作に必要な資格こそが、この第一級陸上特殊無線技士なのです!

この資格の需要は絶大で「無線基地局の建設、保守、工事」などの求人が結構あります。更に嬉しいことに、未経験からでも応募可能な求人も多くあります

生活には無くてはならないインフラですし、定期的なメンテナンスも必須なので今後も需要は確実にあり続けます。無くなることはまず無いですし、AIに代替も難しいです

手に職をつけて、将来的に安定して働きたい人に是非ともお勧めしたい資格です

第一級陸上特殊無線技士の勉強方法

勉強方法は、非常にシンプルかつ王道です

・過去問をひたすら解く
・分からない所はテキストで調べる
・それでも分からなければ Google 先生と Yahoo 知恵袋先生に聞く

以上です(なんだよそれだけかよハゲ、と思われそうですが、本当にそれだけです)

他の方もおそらく同じやり方です、キングオブ王道です

大切なのは「当然わからない問題がたくさん出てきますが、深追いせずに何回も何回も何回も繰り返すこと」です

というのも、第一級陸上特殊無線技士の試験問題は過去問の使い回しがほとんどです

逆に言うと過去問さえ完璧に暗記してしまえば、合格できます(僕はこのパターン)

えっ?嘘くさいって?僕も最初半信半疑だったのですが…ガチです。本当に過去問の使い回しです。問題考えるのめんどくさいの?と心配になるくらい、使い回しです

ひたすらに過去問を繰り返して、わからないところはテキスト、このスタイルで合格です

計算問題はちょっぴり難解ですが、公式さえ暗記すればこれも似たような問題の使い回しなので、問題なく応用できます

とりあえずこの二冊をやればまずいけます

第一級陸上特殊無線技士:僕の合格体験記

僕は今Web 制作の仕事をしています。昨今の業界の未来を考えると、今の仕事をずっと続けられるかわかりません

もし転職する時に、何かしら強みが無いと寂しいので、今のうちに資格を取得しようと決めました。そこで目を付けたのがこの第一級陸上特殊無線技士です

この資格を選んだ理由は、上記の通り「今後需要が見込まれて、かつ専門的な仕事ができる」ので、とりあえず生きているうちは食いっぱぐれることはないだろう、と言うエッチな考えに至ったのがきっかけです

実際に求人を見てみると、無線基地局の保守や管理、また移動体通信エンジニアの募集が、資格さえあれば文系未経験でも結構ありました。これは取得しておいて絶対間違いないと確信しました

僕が受けた試験は「2019年11月」の試験でした。勉強を開始したのが「2019年の9月」です

当然仕事も生活もあるので、控えめに言って時間なさすぎて死にそうでしたが、先ほど紹介したように、過去問題とテキストをひたすら繰り返すことで無事一発合格できました

通勤時、お昼休み、寝る前はつねに問題を解いていました

将来的に通信の仕事をするかどうかはわかりませんが、とりあえず応募の最低ラインを獲得できたのでよかったです

まとめ:第一級陸上特殊無線技士はコスパ最強

IoT (Internet of things )や5Gの普及により、無線の需要は確実に増加します

その時、第一級陸上特殊無線技士が必須です。持っているだけで転職の幅は広がります

是非とも挑戦してみてください。上記の方法でひたすら勉強すれば、絶対受かります

なぜなら僕がうかったから!約束だよ!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました