若い営業マンがお客様に気に入られる方法【お客様と銭湯いきました】

銭湯行きました仕事・資格

こんにちは!

気づいたら有給を半年で使い切ってしまい、もう後がない味噌です(だれか有給を売ってください)

そんな絶賛崖っぷちな僕の自己紹介を軽くさせていただきます!

大学を卒業後、3年間営業職を経験。現在は完全未経験からwebのお仕事をしています!

本日は営業マン時代に「お客様に気にられるために意識したこと」についてお話をします。

手前味噌ですが、お客様にはかなり可愛がってもらってました。

一番印象に残っていることは、お客様と完全プライベートで銭湯にいったことです(笑)

可愛がってもらった結果、2年目には全営業マンのトップの成績を残し、MVPを獲得することができました。

この経験から、若い営業マン(特に新卒)はとにかくお客様に気に入られたもんがち!という鉄則を学ぶことができました。

先に結論をお伝えすると、新人がお客様に可愛がってもらうためには「質問する」「フレッシュさを出す」の2点だけです!

それではまいりましょう!

若い営業マンがお客様に気に入られる方法:質問しまくる!

質問

はい、これだけです。

ものすごく簡単で拍子抜けしますよね!

やり方はシンプルで、とにかく質問をしまくります。

なぜ質問かというと、世のおじさまは若い人に教えたがるからです。(笑)

経験上、こちらが1質問すると1000で返してくれます。とにかく教えるのが好きなのです。

このように質問を繰り返していると、お客様はどんどん気分が良くなり、優越感を抱いてもらえるので勝手にこちらの高感度が爆上がりします!

これは僕の経験談ですが、野球が大好きなお客様に野球の質問をして、2時間くらいお話してもらったことがあります。

しかも、その後の商談はたった3分で、速攻で契約をいただけました(笑)

難しい商談だったので、緊張してたのですが拍子抜けしました。

しかし、野球の話がなければ上手く行ってなかったかもしれません。

気に入ってもらうにはとにかく質問が大切です、やってみて損はないので是非試してみてくださいね!

質問の方法

ただ、いきなり質問しろと言われても、どんな何を質問すればいいのだろうか?と思う方もいるとおもいます。

こちらも答えはシンプルで、「お客様が好きなことを徹底的に掘り下げていく。」だけです!

理由は「人は好きなことならいくらでも話せるから」です。

あなたも興味のないことや嫌いなことについて話を求められても楽しくないですし、長続きしませんよね?

逆に好きなことならいくらでも話せますし、質問してくれたらどんどん教えたくなるのが人間の性というものです。

ですので相手の好きなことを聞き出して掘り下げていくのがおすすめです!

ちなみに、僕のやりかたとしては

・まず話の流れで趣味を聞く(仕事終わりや休日の過ごし方を聞くと引き出しやすいです。)
・例えば、お客様の趣味がサウナだとして、それ対し「サウナってなにがいいんですか?サウナっていくらなんですか?」などなんでもいいので、サウナに関したことを聞く。
・上記の質問を繰り返し、最終的には「おもしろいですね!今度連れて行ってくださいよー!」、「興味湧いたので今度行ってきます!」で着地させる。

という流れです。

僕の場合、だいたい「じゃあ今度連れてってやるよ!」といっていただけました。

非常に大切なのは、「口だけでなく本当に実行することです。」

というのも自分の好きなことを誰かに勧めて、実際に試してもらえたらめちゃくちゃ嬉しいですよね?

人間は共感されると本当に嬉しいのです。

なので、実際に試すことが重要です!

僕はその日の就業後、実際サウナに行きましたし、後日その感想を伝えると本当に喜んでいただけました。

その後も非常に可愛がっていただけました♪

営業マンがお客様に気に入られる方法:フレッシュ感全開!

flesh

僕がお客様に気に入られるために注力したもう一つの方法が「フレッシュさを全開にだすこと」です。

ものに例えるならば、キンキンな水につけてある新鮮なレタスです!フレッシュでしょ?!(笑)

というのも、話すのが苦手なお客様もいらっしゃるので、そういう方に対して質問力とは別のアプローチで攻めます。

営業マン時代の経験上、フレッシュさがある人は、口数が少ない方や、特に女性に気に入ってもらえます。

極端な話、仕事があまりできなくても若いうちはフレッシュさでカバーできます!本当に!

人間は頑張ってる人に弱いのです!

逆に若いのに妙に落ち着いていると、「この若者はフレッシュさがないな~」と思われ評価が下がってしまいます。

僕の同期に頭が良くて仕事ができる人がいましたが、彼はフレッシュ感が無いために会社内の評判はいまいちでした。

逆に僕は仕事ができませんでしたが、何事にもがむしゃらに挑戦していった結果、彼よりも社内では高評価をいただけました。

というように若いうち(特に新卒は)は仕事ができなくて当然ですのでその分、フレッシュさ(がむしゃらさ)を全面にだしていきましょう。

知識無くてもフレッシュ感でのみで契約をいただけたはなし

いきなりですが、リースって難しいんですよ。

法律やら会計やら自動車の知識が求められて、すぐ覚えられるものではありません。

当然僕なんてほぼ無知ですし、車なんて全く興味ありませんでした(笑)

でも営業マンなので、それを売らないといけないわけです。

とある新規顧客営業の際、事前に説明の準備はしていたものの緊張で頭が真っ白になってしまいました。。。

しかし、もう引き下がれない状況です。

お客様に説明する際はとにかく、がむしゃらにお話しました。自分でも何を言ってるのかわかってない状態です。(笑)

目がギンギンでハイな状態です(笑)

しかしその結果、「正直、何を言ってるのかはわからないけど、必死に伝えようとしてるそのフレッシュさが若い頃の自分を見てるようで楽しかった。君に惹かれたよ。

といっていただき、契約をいただけました(´;ω;`)ブワッ

フレッシュ感、特に若くて仕事ができないうちは本当に大切ですよ!

お客様に気に入られて銭湯に行ったはなし

銭湯

上記の2点を意識して営業活動していたら、お客様と銭湯にいくことになりました。

例によってお客様の好きな話を掘り下げていった際、銭湯の話になり色々と質問していたところ、「今度連れて行ってあげるよ。」といっていただき、断る理由もなくもちろん快諾。

仕事終わりにお客様のおすすめの銭湯で語らい合いました。

その時は会社のお客様ではなく、1人の人生の先輩として貴重な時間を過ごせました。

ちなみに、そのあと少し高めな焼肉をご馳走になりました。控えめに言って最高です笑笑

しかもそれだけでは終わらず、更に他社のリース車両を僕のリース会社に切り替えていただくこともできました!

こんな結果になったのも質問をしまくったおかげです。

もう僕は営業マンではありませんが、いまでも人と距離感を詰めたいときにこのテクニックをつかってます。

人に気に入られる確率がグンッとあがります!仕事以外でも使えるので試してくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は僕なりのお客様に気に入られる方法をご紹介しました。

お客様に気に入ってもらって悪いことなど何もないので、とにかく質問力を上げてフレッシュ感を全面に押し出して営業していきましょう!

好感度は間違いなく上がりますし、お客様にも好きになってもらえます♪

もちろん、営業成績もあとからついてきますよ。

この方法の良いところは「お客様だけでなく、社内の人や初対面の人にも有効」なことです!

是非試してみてくださいね♪

それでは!

↓他にも転職や仕事のことなど書いてますので、ぜひ!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました