【ノンデザイナーズ・デザインブック】センス無しのエンジニアが読んだら覚醒した

どうも、味噌です。
フロントエンドエンジニアやってます。

僕の会社では完全分業制をとっているため、僕がデザインをすることはありません。

しかし自分の市場価値を上げるためには、デザインスキルを伸ばしたいところ…。

そんな僕のために作られた奇跡の名書「ノンデザイナーズ・デザインブック」を読んでデザインを勉強してみました。

結論から言うと非デザイナーでも60点のデザインが作れます。

本記事では僕のようにセンスゼロの仲間のためにノンデザイナーズ・デザインブック紹介します。

筆者紹介
スポンサーリンク
目次

デザインはセンスではなく、れっきとした理論がある

この本を読むまで「デザインなんてどうせセンスやろw」だと思ってました。

デザインなんて「デザインの学校を出て、休日は一眼レフを片手に下北沢にいるようなおしゃれサブカルキラキラマンしかできない」なんて思ってました。

しかし実際にノンデザイナーズ・デザインブックを読んでみると、デザインにはれっきとした理論があるということが理解できました。

その理論に則ってデザインをすれば、僕みたいなクソ雑魚でも60点のデザインは作ることができるそうです。

これは目から鱗、いや目から「Love涙色」です(突然のあやや)

今回はノンデザイナーズブックで紹介されている「四つの理論」に則ってデザインしました。

ノンデザイナーズ・デザインブックで紹介される4つの理論とは

下記、ノンデザイナーズブックに記載されているデザインの第4原則です。

・近接:関連するものをまとめること。ちがうグループものは離す
・整列:全体の配置を整理する。要素を右揃え、中央揃え、左揃えなどに揃える
・反復:繰り返すこと。視覚的なパーツを繰り返すことで、統一感が出る
・コントラスト:注目させたい要素に対し、色やフォントをつけて他の要素と差別化することで際立つ

たしかに、いわれてみるとデザインにも理論があるんですねぇ~。センスだけではなさそうです。

早速、この四つの理論を使ってデザインしていきましょう。

ノンデザイナーズ・デザインブックを読む前のデザイン

まず最初にこの本を読まずにアイスのバナーを作ってみました。

題材にしたのは「世の中で一番美味しいと言われているアイス」明治スーパーカップ。

予備知識無しで作ったバナーがこちら。

いかがでしょうか?

申し上げておきますが、ふざけてるつもりは1ミリもありません

本気で考えて、本気でデザインした結果です。

本当にできないんです、デザインが。センスの欠片をこの世のどこかに落としてきたようです。

ノンデザイナーズ・デザインブックを読んだ後のデザイン

そして次に「四つの理論」を駆使してバナーを制作してみました。

いやちょっと、やばない?これやばない?

ノンデザイナーズ・デザインブックに載っている4原則(近接・反復・整列・コントラスト)すべて入れてみました。

プラスして、ベースカラーとビビットカラーを取り入れてみました。

なんとなくですがそれっぽくなった気がします。てゆうか下手したら明治さんに「これ最高、使わせてください」ってくるんちゃう?

デザイン力ゼロの僕でも「それっぽいバナー」ができた。めちゃめちゃ嬉しい。

お母さん、僕、伸びしろしかないです。

おしゃれな一眼レフを持って下北沢に行ってきます。

まとめ:非デザイナーでも「ノンデザイナーズ・デザインブック」で60点はとれる

いかがでしたでしょうか。

僕のように「デザインセンスゼロ」でもセンスに頼ることなく、理論に則ってデザインをすることで60点のバナーを作れました。

デザインセンスが全くない僕でもできました。
あなたでも出来るはずです。

是非とも試してみてくださいね、それでは。

↓他にも転職や仕事のことなど書いてますので、ぜひ!

あわせて読みたい
新卒2年目の営業マンだった僕が優秀賞を取れた理由 こんにちは、味噌と申します。 僕の簡単な自己紹介として、現在web業界で働きつつ、趣味で手作りアクセサリーを販売しているネコ好きのアラサーです! webの仕事をする...
あわせて読みたい
Fラン大学生でも内定10社以上獲得できた3つの面接術 こんにちは!味噌です。 もうすぐ企業の会社説明会が解禁となり、大学3年生の就職活動がスタートしますね! 自己分析、業界研究、企業研究、企業説明会、SPI、エントリ...
あわせて読みたい
新人営業マンがお客様に気に入られる2つの方法【お客様と銭湯いきました】 こんにちは、味噌です。 本記事では営業マン時代に「お客様に気にられるために意識したこと」を解説します。 手前味噌ですが、お客様にはかなり可愛がってもらってまし...
あわせて読みたい
完全未経験の僕がweb業界に転職できたワケ こんにちは味噌です! 今回は「全くの未経験からweb業界に転職できた方法」をご紹介いたします! 簡単に今までの経歴を説明すると、新卒で入社したリース会社で営業マン...
あわせて読みたい
「Web業界のメリット・デメリット」を業界歴4年の僕が暴露する こんにちは味噌です。 本記事ではWeb業界の良い点悪い点を、実体験をもとにご紹介してまいります。 web業界への転職を考えている方へ少しでも参考になれば幸いです! 簡...
あわせて読みたい
Web業界の給料や残業は?未経験から転職した僕が暴露します こんにちは、学生の頃バドミントンを頑張りすぎた結果、右腕だけ太いのが本当にしんどい味噌です Web業界で働く僕は「ぶっちゃけ、給料いくらなの?ボーナスは?年収は...
あわせて読みたい
未経験からweb屋になった僕がweb業界をおすすめする3つの理由 こんにちは! 来年で30歳になるのにもかかわらず、いまだに母親にお弁当を作ってもらっている味噌です 本記事では「僕がweb業界をおすすめする3つの理由」を紹介します...
あわせて読みたい
二級ボイラー技士試験に3週間&独学で合格した勉強方法を紹介します こんにちは、資格を20種類以上持つ味噌です。 この記事では、僕が二級ボイラー技師試験に、3週間の勉強期間で一発合格した方法を紹介します。 先にネタバレしちゃうと、...
あわせて読みたい
Webコーダーはオワコン?将来性は?現役のコーダーがお答えします! Webコーダーってオワコンなの?将来性は無いの?ぴえん こういった疑問にお答えします! 本記事を書いている僕は、未経験からweb業界に転職しwebコーダー(フロントエン...
あわせて読みたい
ネガティブで自己肯定感が低い僕がメンタルを保っていた方法【真似しないで】 ※本日はダークな味噌で行きます こんにちは、味噌です 僕たちの生活は日々変化しており、当然毎日いいこともあれば嫌なこともあります もちろんポジティブに生きれれば...
あわせて読みたい
【Web制作会社をやめたい】僕が退職する3つの理由 どうも、母親からサバ缶をダンボール単位で送ってもらった味噌です 本記事は僕がWeb制作会社を退職することになったので、退職に至る経緯を紹介します webのお仕事をし...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると猫のように懐きます

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる