ノンデザイナーズ・デザインブックをセンス無しのエンジニアの僕が読んで覚醒した話

仕事・資格

どうも、味噌です

僕は現在 Web 制作会社でフロントエンドエンジニアとして働いています

僕の会社では完全分業制をとっているため、僕がデザインをすることはありません

自分のスキルや市場価値を上げたいのですが、そのためにはデザインのスキルは必須です

ただ残念なことに僕は生まれた瞬間からデザインのセンスがクソ雑魚なので諦めていましたが、こんな雑魚のために作られた奇跡の名著であるノンデザイナーズ・デザインブックを読んでデザインを勉強してみました

結論から言うと非デザイナーでも60点のデザインが作れます。

今回は僕のようにセンスゼロの同士のためにノンデザイナーズ・デザインブック紹介したいと思います

それでは早速参りましょう

デザインはセンスだけじゃない。れっきとした理論がある

この本を読むまで「デザインなんてどうせセンスやろw」だと思ってました。

デザインなんてデザインの学校を出て、休日は一眼レフを片手に下北沢にいるようなおしゃれサブカルキラキラマンしかできないんだろ、アタシには無縁だろうと思ってました。

自分みたいな雑魚がやったところで意味がない。家でマリオカートやった方がマシと思ってました。完全に卑屈になってます。

しかし実際にノンデザイナーズ・デザインブックを読んでみると、デザインにはれっきとした理論があるそうです。

その理論に則ってデザインをすれば、僕みたいなクソ雑魚でも60点のデザインは作ることができると知りました

これは目から鱗、いや目から Love 涙色です(懐かしのあやや)

そして今回はノンデザイナーズブックで紹介されている四つの理論に則ってデザインしました

ノンデザイナーズ・デザインブックで紹介される4つの理論とは

ノンデザイナーズブックに記載されているデザインの第4原則です

  • 近接:関連するものをまとめること。ちがうグループものは離す。
  • 整列:全体の配置を整理する。要素を右揃え、中央揃え、左揃えなどに揃える。
  • 反復:繰り返すこと。視覚的なパーツを繰り返すことで、統一感が出る。
  • コントラスト:注目させたい要素に対し、色やフォントをつけて他の要素と差別化することできわだたせること。

以上の4つです

たしかに、いわれてみるとデザインにも理論があるんですねぇ~。センスだけではなさそうです。

早速、この四つの理論を使ってデザインしていきましょう

ノンデザイナーズ・デザインブックを読む前の僕のデザイン力

まず最初にこの本を読まずにアイスのバナーを作ってみました

題材にしたのは「世の中で一番美味しいと言われているアイス」明治スーパーカップです

予備知識無しで作ったバナーがこちら。

いかがでしょうか

先に申し上げておきますが、ふざけてるつもりは1ミリもありません

クソ雑魚なので本気で考えて本気でデザインしてもこんな感じなんです

本当にできないんです、デザインが。センスの欠片をこの世のどこかに落としてきたようです。

でもデザイン力ない人ってこんな感じだよねそうだよね?だよね?

ノンデザイナーズ・デザインブックを読んだ後の僕のデザインはこちら

そして次に、本に記載されている四つの理論を駆使してバナーを制作してみました

いやちょっと、やばない?これやばない?

ノンデザイナーズ・デザインブックに載っている4原則(近接・反復・整列・コントラスト)すべて入れてみました。

あと、プラスしてノンデザイナーズ・デザインブックに書いてあったように、配色もベースカラーとビビットカラーを取り入れてみました。

なんとなくですがそれっぽくなった気がします、てゆうか下手したら明治さんに「これ最高、使わせてください」ってくるんちゃうか?

とはいえ、スキルはstill雑魚なので、もっともっといろんなデザインを見て吸収していきたいと思います

デザイン力がザコの僕でもなんとなくそれっぽいバナーができてめちゃめちゃ嬉しいです

まだまだ成長できそうです

マリオカートなんてやってる場合じゃない、メルカリに出すわ(でもマリオカート大好き)

僕もおしゃれな一眼レフを持って下北沢に行ってきます

まとめ非デザイナーでもノンデザイナーズ・デザインブックに習えば6割の点数が取れる

いかがでしたでしょうか。

今回は僕のようにクソ雑魚のデザインセンスゼロの非デザイナーでもセンスに頼ることなく、理論に則ってデザインをすることで最低点のバナーを作ることができました。

デザインセンスが全くない僕でも出来たのであなたでも出来るはずです。

是非とも試してみてください

それでは

↓他にも転職や仕事のことなど書いてますので、ぜひ!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました