Web制作会社の実情を業界歴4年の僕が暴露します【未経験からの転職】

仕事・資格

今流行りのweb制作の仕事したいけど、実際どうなの???

こういった悩みについてお答えします!

この記事を書いている私は文系卒で、20大半ばで未経験からWeb業界に転職しました

現在はWeb制作会社で制作(フロントエンド開発)の仕事をしています

Web制作業界を目指す人にとっての目標が一番多いのがこの制作会社かなと思います

本日はぶっちゃけますので覚悟してください……

結論から言うとweb制作会社はブラックが多いので、地雷を踏む可能性は高いです…..

早速治安がわるいですね、早速参りましょう

※ブラックを引いたら筋トレして心身強くするか、にげようね(*^^*)

スポンサーリンク
広告表示を停止

Web制作会社の実情:ブラック企業多すぎ問題

まず大前提として、web制作会社はブラック企業が非常に多いです

そもそも、世の中のクリエイティブな仕事や、○○制作会社と名のつくものは、基本的にブラックな企業が多いです(アニメ、映像、webなど)

ご多分に漏れずWeb制作会社も、ブラック企業が非常に多いです

※ここで言うブラックの定義は、長時間労働、低賃金、残業代なし、休日出勤などです

僕が以前勤めていた会社も見事にブラック企業でした(涙)

朝は遅めの10時出社で、定時に帰れることは当然ありません(ドヤ)

終電になることも多く、終電を逃すことも多かったです(その際はタクシーで帰宅)

終電を逃したときは、帰宅するのが夜中の2時や3時になったり、会社に寝泊りすることもザラです(会社に仮眠室というものがあったのですが、仮眠というより普通に寝泊まりしてました)

男性も女性も関係ありません、仕事が終わらなければ帰れません

web業界ってキラキラしてるイメージですよね!自分もそうでした!

実際に若い人が多いし、女性も多いのでそのイメージは間違いないです

でも、長時間労働が蔓延してるのが実情です

キラキラとのギャップ、覚悟してください

※辛くなったら逃げようね\(^o^)/

Web制作会社の実情:給料安すぎ問題

Web制作業界は基本的に給料が安いです

具体例を挙げますと、僕の前の会社のお給料は年収280万円でした(ガチです)

地方ではありません、東京で働くアラサーの男の年収です

もちろんボーナスも残業代もありません(哀)

いくら働いても、こき使われても、馬車馬のように働いても、会社に忠誠を誓っても、年間280万円の給料しかもらえませんでした

これは会社によって違うとは思いますがWebデザイナーの平均的な給料は350万円なので、正直給料は期待できません

web制作でお金を稼ぎたいなら数年間修行して、フリーランスになるかディレクターに転身をすることが必須です

末端作業員の限り、永遠に給料が低いままです…..

web制作を始めるならまずはバイトがオススメ

これは紛れもない真実なのですが、転職はガチャです

入社しないと、ブラック企業かどうかなんてわかりません

そこで僕がオススメするのはアルバイトで入社して様子を見ることです

アルバイトなら最悪ブラックに入ってしまっても、サクッとやめればいいだけの話です

アルバイトなので履歴書も傷つきません、責任も無いので無理だったらさっさとドロンできるというメリットがあります

そして更に、実務未経験なら正社員に比べて入社のハードルが低く、受かりやすいというメリットもあります

逆にデメリットは給料や待遇が悪いことです

時給制なので働いたぶんしかお給料が出ないこと、正社員に比べて保険がないなど、待遇が薄いということです

僕もアルバイトから入社しました

当時未経験だった僕はとにかく実務経験を積むために、アルバイトで入社しました

アルバイトで入社しても、任される仕事は社員と変わらないのでスキルアップの面は問題ありません

しかしデメリットで紹介したように、待遇が悪かったのが辛かったですね

時給千円で頑張ってました(笑)

でもスキルさえあれば、職場なんてこちらで選び放題なので我慢の日々でしたね

Web制作会社はあくまでもステップアップにしたほうがいい

web制作会社に四年勤めて感じるのは、ずっとは働けないな、ということ

20,30代なら若さで乗り切れるかもしれませんが、

40代以降、この調子で働くのは無理です、断言します

ジジイ、ババアになっても終電まで働けますか….?無理でしょ??(笑)

なのであくまでもweb制作会社勤務は若いうちだけにして、知識と経験を積んだらさっさと次の段階へステップアップしたほうが絶対いいとおもいます

具体的に言うと

・インハウス
・フリーランス
・末端作業員ではなく上流工程側にまわる

といった具合です

話を聞く限り、インハウスは自社サービスの運用がメインなので制作会社よりはまったりと働けて、給料もいいそうです

フリーランスになれば完全に自分次第ですが、業務量も収入も調節できますし、制作会社でスキルを積んだ人にはおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか

実際に勤めている僕の生の声をお届けしました

大変なことばかり伝えてしまいましたが、キラキラのイメージしかない人だとギャップに精神がやられてしまうと思いましたので、ぶっちゃけました

それでも仕事は楽しいですよ~、自分の作品が全世界に公開されるのはとても感動します!

この記事がweb制作会社を目指してる方の助けになれば幸いです^^

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました