【デリバリーバイトのメリット・デメリット8選まとめ】バイト歴7年の僕が徹底解説

デリバリーバイト仕事・資格

・デリバリーやってみたい、けど大変そう…
・コミュ障でも働けるバイトって?
・デリバリーバイトで稼げるの?

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

・デリバリーバイトのメリット・デメリット
・デリバリーバイトをおすすめする理由
・デリバリーバイトの仕事内容

記事の信頼性

筆者紹介

本記事を書いている僕は「ピザ」や「寿司」などデリバリー歴7年。デリバリーに関しては酸いも甘いも噛み分けてます。

本記事では「デリバリーバイトのメリット・デメリット」を徹底解説します。

この記事を読めば、デリバリーバイトの実情を理解でき、「こんなはずじゃなかった…」というミスマッチを避けれますよ。

また記事の後半では「デリバリーバイトの2種類の働き方」も解説してますので、ぜひ最後までご覧くださいね!

スポンサーリンク
広告表示を停止

デリバリーバイトのデメリット5選

悩み

まずデリバリーバイトのデメリットを紹介します。

・交通違反するリスク
・事故に遭う可能性
・夏と冬は地獄
・世間が休みの日に休めない
・特に身に付くスキルがない

などなど、詳しく説明します。

交通違反で罰金を取られる可能性

バイクに乗る以上、交通違反を犯す可能性は大いにあります。

特に急いでいる時って、一時停止を無視しがちなんですよね。

過去に僕は2日連続で交通違反切符を切られた経験あり。軽く絶望しました。

罰金とられるのって、かなりメンタルやられますよ。交通違反が怖い人にとっては、向かないかもしれません。

デリバリーバイトは事故にあう可能性がある

バイクや自転車を運転するので、事故にあう可能性もあります。

最悪の場合、死に至ることだってありますよ。​​

バイトごときで死にたくない

そう考えるのならば、やめたほうがいいでしょう。

デリバリーバイトは夏と冬が地獄

デリバリーは基本的に外仕事。
外の天気や気温によってはかなり辛い仕事で、特に夏と冬はしんどいです。

正月の寿司配達時に、猛吹雪だった日があります。
雪が積もる道をバイクで走った時、見事に転びました。

「人生って何なんだろう」と雪に埋もれながら考えましたよ。

デリバリーは世間が休みの日に忙しい

運動

残念ながらデリバリーバイトは、世間がお休みの日は休みづらいです。

・クリスマス
・年末年始
・お盆

・シルバーウィーク
・ゴールデンウィーク

などが稼ぎ時だからです。
僕が寿司屋とピザ屋を掛け持ちでバイトしていたとき、年末年始15連勤させられました。

とはいえ逆を言うとその分稼げるので、メリットでもあります。

デリバリーバイトでは身に付くスキルがない

悩み

残念ながら、デリバリーバイトで身に付くスキルはありません。

あるとしても多少道に詳しくなるとか、せいぜい足の筋肉がマッチョになるくらいかと。

・お金以外にも得るものが欲しい
・仕事を通じてスキルを身に付けたい

という人には向かないでしょう。
スキルを売るというより、時間とお金を交換するイメージですね。

デリバリーバイトのメリット3選

レビュー

デリバリーバイトは大変な面がある一方、もちろんメリットもあります。

実際に僕は学生時代、デリバリーとして7年間働きました。それはデメリットよりもメリットが大きかったからです。

・コミュ障には最高
・頑張れば稼げる
・好きなときに働ける

というのがメリット。
説明しますね。

コミュ障にはデリバリーが向いてる

瞑想

「人と話すのが苦手」
・「1人で仕事がしたい」

あなたがこんな風に考えているのならば、デリバリーバイトは最高ですよ。

なぜなら、基本1人で働くから。
接客なんてせいぜい1〜2分で、それ以外は基本1人です。

コミュニケーションが嫌いな僕にとって、デリバリーバイトは天職でした。コミュ障な人にはオススメ。

デリバリーバイトは稼げる

収益

デリバリーバイトは他のバイトに比べて時給が高く、稼げます。

近所の宅配寿司やピザ屋など時給は「約1200円〜」でした。高校生で1000円を超えるのってかなり珍しいのでは?

またUber Eats は、頑張り次第でかなり稼いでいる人もいます。

稼ごうと思えばいくらでも稼げるのって、デリバリーの魅力ですよね。

デリバリーバイトは好きなときに働ける

時間がかかる

デリバリーバイトは自由に働けるのが魅力。

例えばUber Eats(ウーバーイーツ)などの宅配サービスで配達をする場合、「今日は体調が悪いから、休もう」なんて働き方ができちゃいます。

ただし店舗に勤める場合は大半がシフト制なので、自由に働くのは厳しいでしょう。

デリバリーバイトの働き方は2種類ある

成長
 

デリバリーバイトの働き方は主に2種類あります。

・寿司屋やピザ屋のような店舗に勤める:学生向け
・Uber Eats(ウーバーイーツ)など配達パートナーして働く:社会人向け

解説しますね。

飲食店に勤めて働く:学生におすすめ

あなたが18歳以下ならピザ屋、寿司屋などでの勤務がよいでしょう。

というのもUber Eats(ウーバーイーツ)のようなデリバリーサービスは18歳以上じゃないと登録できないから。

また店舗でバイトすれば同世代の気の合う仲間ができます。デリバリーやる人って性格のタイプが何故か似たような人が多いんですよ。

原付免許があれば高校生でも働けるので、働くハードルはとても低いですよ!

デリバリーサービスに登録して働く:社会人におすすめ

あなたがサラリーマンや18歳以上なら「Uber Eats(ウーバーイーツ)」などの配達パートナーが向いてるでしょう。

なぜなら、好きな時間に働けるから。

サラリーマンのお小遣い稼ぎにはちょうど良いかと。

Uber Eats(ウーバーイーツ)がオススメ

デリバリーサービスは沢山ありますね。
その中でも僕のオススメはUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーです。

理由は以下のとおり。

・47都道府県に進出しており、旅しながら働ける
・自分な好きな時間に働ける
・服装、髪型自由

・働いた分確実に稼げる(報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります)
・個人事業主として働くため、頑張り次第で稼げる

・面接、履歴書は不要

というもの。
実際に週末は配達パートナーをよく見かけますよね。

副業で確実に稼ぎたい人には特におすすめです。ぜひ挑戦してみて下さい!

まとめ:デリバリーバイトはメリットもデメリットもある【コミュ障向け】

デリバリー

それではこの記事のおさらいです。

デリバリーバイトのデメリットは以下。

・交通違反すると罰金
・事故に遭う可能性
・夏と冬は地獄
・世間が休みの日に休めない
・特に身に付くスキルがない

一方、デリバリーバイトにはメリットもあります。

・コミュ障には最高
・頑張り次第で稼げる
・自由に働ける

仕事が続かない僕でも、デリバリーは7年間も続きました。
向いている人には最高な仕事ですよ!

また18歳未満の学生は店舗でアルバイト。
社会人は「Uber Eats 」の配達パートナーがおすすめでしたね。

是非一度挑戦してみてください!

以上です。

※コスパ最強の資格など、いろいろ書いてますのでぜひご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました