ピアスとは?歴史や日本人の習慣をアクセサリー屋が解説する

ピアスについて調査した美容
ピアスについて調査した

こんにちは!味噌です

私は普段ピアスをメインとしたアクセサリーを販売しています。

この間ピアスを作りながら、ふと考えたことがあります。

「そもそもピアスってなんだろう…?起源は?いつから日本人はつけているのか?」などなど

ピアス製作者として、もっと本質的なことが知りたい!もっとピアスと仲良くなりたい!あわよくば来世ではピアスになりたい!と感じたので不眠で調査しました。

御覧ください

スポンサーリンク
広告表示を停止

ピアスとはアクセサリーの総称です

結論:ピアス(pierce)とは「自分の身体の一部に穴(ピアスホール)を開け、装着するアクセサリーの総称」です。

ちなみにpierceという英単語は貫通という意味があるのでそのままですね。

以上です、今回もご覧いただきありがとうございました!また来週〜!!

嘘です許してください。

人によっては耳だけではなく、鼻や口、はたまた乳首や性器にもつけている方もいるんだから…まあ大変なんですっ…/////(赤面)

ピアスの歴史はとても古い

ピアスの歴史はとても古く、数千年前の古代エジプトや古代ヨーロッパからすでに使用されていたそうです。(古代エジプトって遊戯王みたいでワクワクしますね。そういえば主人公の遊戯の別人格の闇遊戯もピアスつけてた..遊戯王すげぇ汗)

もともとは魔除けの意味で使われていました。

理由は当時のエジプト人の間では、現在ほど医療が発展していなかったため、病気は悪霊が外から体に侵入してきたのが原因とされていたそうです。

なのでピアスを穴の空いている耳に付けることによって、その悪霊を撃退できると信じられていたようです。

また、魔除けだけではなく、ピアスは王族などの「特権階級の人々」が成人になった証として装着していました(その証拠としてツタンカーメン王のお墓からもピアスが発見されたり、壁画にもピアスを付けていた当時の方々の姿が刻まれています。壁画ってマジで遊戯王….)

数千年前から現在まで続く習慣ってなんだか素敵ですね。今から数千年後はどうなっているんでしょうか?傘と同じで進化しないのでしょうか?

日本人がピアスつけ始めたのは縄文時代から

とっても古い歴史を持つピアスですが、日本人がピアス(耳飾り)を付け始めたのは縄文時代(紀元前4-5世紀頃)と言われています。

その裏付けとして、縄文時代の出土品からピアスのような装飾品が発掘されたそうです。

ピアスをつけていた理由は人を「男性・女性」や「既婚・未婚」等を区別するためだったそうです。

ちなみに、弥生時代(紀元前3世紀)からピアスの出土がなくなり、ピアスを付ける文化が無くなくなりました。これは古墳時代中期(西暦400年)まで続いたと言われています。

なぜ一度途絶えてしまったんでしょうか?当時の偉い人が先端恐怖症で禁止させたんですかね?謎ですね…

男性がピアスを右耳だけに付けるとゲイと言われる理由

よく聞くジンクスですが、なぜこのようなジンクスが生まれたかと言うと、ヨーロッパのピアスの歴史に起因しているそうです。

当時恋人は二人で一つのピアスを両対になるように片耳ずつ付けていました(圧倒的 ドラゴンボールのポタラ感…)

女性は右耳に装着して「守られる人」という意味、男性は左耳「勇気や誇りの象徴」に装着していたそうな。

その習慣の名残で、右耳につけるのは「守られる人が=ゲイ」と言われるようになりました。

私個人としては男性がどっちの耳に付けようが関係ないです。好きにすればいいさ、あなたの人生なんだからっ(今日一番のドヤ顔)

まとめ:ピアスの歴史や日本人の習慣を解説しました

以上、ピアスについてまとめてみました。

ピアスのことを知って、仲良くなっていただけたでしょうか?

私は今度からピアスを付ける際は古代エジプトに思いを馳せてから装着します…

フロラリーでは花言葉をつけた作品も販売しています♪(現在は休店中です…)

一品一品気持ちを込めて制作しています(´ω`)ぜひ御覧ください♪

※ピアスの記事です、御覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました