赤ちゃんにピアスを開ける理由を紹介します【異文化】

赤ちゃんがピアスをする理由美容
赤ちゃんがピアスをする理由

こんにちは!味噌です!

アクセサリー販売という職業柄、普段の生活でも、人がどんなピアスを付けているか見る癖があります。

外国の方は小さい子でもピアス付けてる子多いですよね。国によっては、生後数日で開けることもあるそうです。

この記事では赤ちゃんにピアスを開ける理由、国を紹介していきます♪

スポンサーリンク
広告表示を停止

赤ちゃんにピアスをするのは女の子という目印をつけるため

最もポピュラーな理由がこちらです

生まれたての赤ちゃんを顔だけで性別を判断するのは難しいため、ピアスを女の子であることの目印としているそうです。

また、アフリカの部族では男女の役割がきちんと分けられている習慣があるため、子供の頃から男女の区別をはっきりと意識させるためにも、女の子にピアスつけて判断させているとのこと。

※男の子にはピアスを付けることはないそうです。

魔除けのために赤ちゃんにピアスをつける

次に有力なのがこちら。赤ちゃんにピアスを付けることで魔除けになると信じられているようです。

というのもピアスの本来の目的は魔除けのためであり、特に神に近い存在である赤ちゃんは悪霊に狙われやすいと思われていました。そのため生後間もなくピアスを開け、悪霊から身を護るためにピアスをつけていました。

当時は医療が発展していなかったため「病気にかかる=悪霊に取り憑かれる」と信じられていたそうです。

※ピアスの歴史についてはこちらの記事でくわしく説明してます

ピアスによる感染症を赤ちゃんから予防するため

どうせ大人になったらピアスを付けるのだから、赤ちゃんのうちにピアスをつけちゃおう!

また、赤ちゃんの頃の痛みは覚えてないし、赤ちゃんが活発に動き出して耳に触れることで起きる感染症の予防をしてしまおう。といった理由もあるそうです。

※ピアスをあけても雑菌が入る気がしますがそれはまた別の機会で…笑

赤ちゃんにピアスをする風習がある国を紹介します

日本には馴染みのない赤ちゃんピアスです

しかし、海外では一般的な国も多く、特に多くは欧米や中南米の国々です

主な国を紹介します

スペイン

スペインは最も早く赤ちゃんにピアッシングをする国と言われています。

その日数は、なんと生後2-3日とのこと。理由は先述した「女の子の証として」だそうです。

また女の子という判断ができるため、周りの人たちも女の子とわかった上で赤ちゃんを可愛がることができるそうです。

インド

インドでは生後1年以内、もしくは3歳のときにピアスを付ける伝統があるそうです。

理由は先述した「魔除け」や「視覚のつぼが耳であるため刺激する」という鍼師の意見など諸説あります。

スペインと異なり、こちらは宗教色が強いですね。

他にも沢山赤ちゃんにピアスを開けている国はある

・ブラジル
・イラン
・アメリカ
・ドイツ

など、結構ありますね

日本はピアスなんて付けたら「虐待だ!」なんて炎上必須ですね、異文化だなぁ…

まとめ:赤ちゃんにピアスを開ける理由は複数ある

以上、赤ちゃんにピアスを付ける理由を紹介しました。

赤ちゃんピアスを付ける理由は宗教的な理由や、文化的背景が主な理由でした。

日本では子供のうちからピアスを付けることに対して否定的な意見が多い気がしますが、海外では、赤ちゃんから付けることが当然な国もあるんですね。

異文化って不思議やな〜

ピアスに関する記事は他にもありますので、是非ご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました