【つらい】肉体労働は絶対にやめとけ【経験者が語る3つの根拠】

肉体労働はやめろ仕事・資格
みそ
みそ

肉体労働だけはやめとけ!

 

…絶対にやめとけ!涙

「肉体労働は将来が不安」
「肉体労働がつらくて辞めたい」
「肉体労働に将来性はあるの?」

こんな悩みを持っている方も多いと思います。

記事を書いている僕は「引っ越し屋」「清掃」など複数の肉体労働経験者。体がつらいし、将来が不安になる気持ちはよくわかります。

ただし何も考えずに働いていると、取り返しのつかないことなるかもしれませんよ。

そこで本記事では「肉体労働をやめるべき3つの理由」を解説します。

この記事を読めば「肉体労働をやめたほうがいい理由」が理解できますよ。
また記事の後半では「肉体労働者のキャリアプラン」も紹介するのでぜひ最後まで御覧くださいね!

この記事の作者
スポンサーリンク
広告表示を停止

肉体労働の定義・種類

肉体労働は「体力を使って対価を得る」仕事です。

具体的な職種は下記。

  • 土木作業員
  • 交通整備員
  • 倉庫作業員
  • ごみ収集員

というように、「自分の体を動かして価値を生みだす」イメージです。

そして僕は以下の肉体労働を経験済み。

  • 廃品回収
  • 倉庫作業
  • 引っ越し屋
  • 草刈り
  • 清掃

この経験をもとに「肉体労働をおすすめしない理由」を解説します。

肉体労働はつらいから絶対にやめとけ!3つの根拠を解説

まずは結論からどうぞ。

・身体がもたない
・歳を取ると働けない
・スキルが身につかない

詳しく説明します。

肉体労働は身体がつらい

肉体労働はシンプルに体がもちません。

なぜなら、来る日も来る日も身体を酷使するから。

例えば草刈り。
なんとなく楽そうなイメージですよね。

しかし真夏だと35度を超える炎天下のもと、一日中草を刈ります。

僕は熱中症になり、速攻でギブアップしました。

これが65歳まで続くなんて絶対に無理。
お金よりも命の方が大切です。

経験者が断言します、肉体労働はつらいし体が持ちません。やめとけ。

歳をとると肉体労働は続けられない

とけい

肉体労働者は年を取ると働ける確率が下がります。

体力が落ちたり、足腰の痛みなど、身体にガタがくるというのが理由。

経営者からすると、元気で若い人を雇用したくなるのは当然のこと。

その結果高齢者は雇い止めに合い、肉体労働を続けられなくなる可能性があります。

40代、50代で「仕事がない」なんてつらすぎます。そうならないためにも、今のうちにやめたほうがいいでしょう。

肉体労働ではスキルが身につかない

肉体労働は特別なスキルが身につきません。

その理由は「単純作業が多いから」です。

ここでは引越し業者の仕事内容を例にして説明します。

・養生
・梱包
・搬出、搬入
・運転

以上の通りシンプルでして、ぶっちゃけ体力さえあれば誰でもできます。

実際に引っ越し屋は高校生や短期のバイトを雇ってますよね。それは特別なスキルがなくてもできる仕事だから。

30代半ば以降で特別なスキルがないと転職はかなり厳しくなります。

「どこにも雇ってもらえない」なんて絶対に避けたいですよね。そのためにも、単純な肉体労働は絶対にやめましょう。

※引っ越し屋の仕事については下記に詳しくまとめてるので、ぜひご覧ください!

肉体労働者のキャリアプラン

ここからは肉体労働者に向けたキャリアプランを紹介します。

  • 35歳以下:異業種に転職
  • 35歳以上:スキルが身につくブルーカラーワーク

って感じで、35歳で区切りました。
理由は異業種転職のボーダーラインだからです。

詳しく説明します。

異業種に転職(35歳未満)

パソコン

35歳以下であれば異業種に転職しましょう。

僕のおすすめはWeb業界です。

【Web業界をおすすめする理由】
  • 肉体労働じゃない
  • 本業がそのまま副業に行かせる
  • スキルがあれば食いっぱぐれない
  • 成長産業なので稼げる
  • 「デザイナー」「マーケター」「エンジニア」など職種が多様

上記の通りでして 、肉体労働じゃないので体力的に楽です。

さらに仕事で経験したことを100%副業に活かせるので、会社に依存したくない方にはピッタリかと。

web業界に興味がある人はプログラミング体験がおすすめ

web業界に興味がある。しかし何から始めたらいいのかわからない。

そんなあなたにはプログラミング無料体験がおすすめでして、僕のイチオシはテックアカデミーです。

・受講者数が1位なので信頼性がある
・実際に僕も受講して満足した

というのが理由。

「あの時勇気を出して転職をしておけばよかった…」と年を取ってから後悔するのでは遅いです。

今なら無料体験をやっているので、とりあえずチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

合わなければこのあと説明する「スキルが身に付く肉体労働」がおすすめですよ。

スキルが身に付くブルーカラーに転職(35歳以上)

あなたが35歳以上の場合、スキルが身に付く肉体労働に転職するべきです。

なぜか。35歳を超えると異業種への転職は厳しいため。

実際に僕の会社では、35歳以上でスキルや実績経験がない人は書類選考で落とされてます。

ですので異業種は諦めて、同じ肉体労働でも「スキルが身に付いて自分の価値が上がる職種」にしたほうが効率いいですよ。

スキルが身に付く肉体労働

・消防設備士
・電気工事士
・ボイラー技士
・設備管理(ビルメン)

これらの仕事は35歳以上の未経験でも「ビルメン5点セット」があれば転職可能。

事実リクナビには求人がでており、40代50代の未経験者採用もあります。人手不足なので資格さえあれば転職できる可能性が上がります。

身体を動かすことでしか価値を提供できない人間でいるのは大変危険です。手に職つけて働きましょう。

ビルメン5点セットについては下記にまとめてます。最強の資格なので是非ご覧くださいね!

まとめ:肉体労働はつらい、やめたほうがいいです

最後に、ご紹介した内容をおさらいしましょう。

結論は「肉体労働はやめておけ」でしたね。理由は以下のとおり。

・身体がもたない
・歳を取ると働けない
・スキルが身につかない

そして肉体労働からのキャリアプランは下記のとおり。

・35歳以下:異業種に転職(オススメはweb業界)
・35歳以上:スキルが身につく肉体労働に転職

ご紹介した内容を実践すれば、将来が不安な肉体労働者の方でも人生に余裕ができますよ!

将来のためにも「資格取得」「勉強」など、まずは行動してみましょう!

※他にも仕事や資格についてまとめてますので、ぜひどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました